★  ★
以下の目次は初版のものです。重版(改訂版)のファイルはこちらからダウンロードできますので、ご利用下さい。


章タイトル右の[参照]や[Download]をクリックすると、章別の「pdfファイル」を参照・ダウンロードできます。
pdfファイルの参照等には無償配布ソフト「Adobe Reader」の最新版が必要です。


Common European Framework of References for Languages

目 次


序 章 Common European Framework of References for Languages: Learning, teaching, assessment を利用する前に   [参照] [Download]  
 
第1章 Common European Framework of References for Languages: Learning, teaching, assessment(CEF)の政治的および教育的背景   [参照] [Download]  
 1 Common European Fremework of References for Languages: Learning, teaching, assessment (CEF) とは何か?  
 1.1 欧州会議の言語政策のねらいと目標  
 1.2 複言語主義plurilingualismとは何か。  
 1.3 CEFの必要性  
 1.4 CEFの使用目的  
 1.5 CEFの満たすべき基準  
 
第2章 CEFの理論的背景   [参照] [Download]  
 2.1 行動中心の考え方  
 2.2 言語熟達度の共通参照レベル(common reference level)  
 2.3 言語学習と言語教育  
 2.4 言語評定  
 
第3章 共通参照レベル (Common Reference Levels)   [参照] [Download]  
 3.1 共通参照レベルの能力記述文(descriptor)の基準  
 3.2 共通参照レベル(The Common Reference Levels)  
 3.3 共通参照レベルの提示方法  
 3.4 例示的能力記述文(illustrative descriptors)  
 3.5 枝分かれ方式の柔軟性  
 3.6 共通参照レベルの内容の一貫性  
 3.7 実例を含んだ能力記述文の尺度の読み方  
 3.8 言語熟達度の能力記述尺度の使い方  
 3.9 熟達度のレベルと達成度の成績  
 
第4章 言語使用と言語使用者/学習者   [参照] [Download]  
 4.1 言語使用のコンテクスト  
 4.2 コミュニケーションのテーマ  
 4.3 コミュニケーション課題とコミュニケーションの目的  
 4.4 コミュニケーション言語活動(communicative language activities)と 方略(strategies)  
 4.5 コミュニケーションの言語処理  
 4.6 テクスト  
 
第5章 言語使用者/学習者の能力   [参照] [Download]  
 5.1 一般的能力  
 5.2 コミュニケーション言語能力(Communicative language competence)  
 
第6章 言語学習と言語教育   [参照] [Download]  
 6.1 学習者が学習・習得しなければならないのはどんなことか?  
 6.2 言語学習の過程  
 6.3 CEFの利用者が言語学習促進のためにできること  
 6.4 外国語の学習と教育の方法に関する選択肢  
 6.5 誤り(error)と間違い(mistake)  
 
第7章 言語教育における課題(task)とその役割   [参照] [Download]  
 7.1 課題とは何か  
 7.2 課題の実施  
 7.3 課題の難易度  
 
第8章 言語の多様性とカリキュラム   [参照] [Download]  
 8.1 定義と予備考察  
 8.2 カリキュラム作りの選択肢  
 8.3 カリキュラム作成に向けて  
 8.4 評定と学校教育、学外学習と生涯学習  
 
第9章 評定 Assessment   [参照] [Download]  
 9.1 はじめに  
 9.2 評定課題作成のための資料としてのCEF  
 9.3 評定の種類  
 9.4 実行可能な評定と上位システム